• tutuji

第8回 おしゃべり会が開催されました


日時: 2017年6月27日(火)13:00~15:00

会場: 駒込病院 3F 患者サロン

ミニ勉強会

テーマ: 抗がん剤(血液内科)の副作用と薬の最新情報

講 師: 駒込病院薬剤科がん専門薬剤師 清 美奈 様

薬に対する疑問や不安に、親切に答えてくださいました。

抗がん剤の副作用で上位を占めるものとして、吐き気の問題があります ここ5~6年で吐き気止めの薬はずいぶん進歩してきました

日常生活では、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

1.十分な睡眠をとること

2.ゆったりとした締め付けない服装

3.食事の工夫

  • 常温にさます

  • 脂肪分の多いものはさける

  • 小分けで食べる 

  • 水分量が多く、のど越しのよい冷たいもの

4.気分転換をはかる

GVHD予防薬(免疫抑制剤)について

1.毎日決められた時間に服用する

2.内服の忘れ、自己判断での勝手な中断はだめ

3.果物(柑橘類)のなかには、薬の効果を下げるため食べてはいけないものがある

食べてはいけないもの

グレープフルーツ、はっさく、夏みかん、ダイダイ、ぶんたん、ぼんたん ザボン、スウィーティー、ライム

食べてよいもの

温州ミカン、オレンジ、いよかん、ぽんかん、でこぽん、レモン、ゆず かぼす、すだち、きんかん 他

4.自己判断で市販薬(例:クラリス)などを服用しない

5.健康食品、サプリメントの類のものはとらない

6.脱水症状にならないよう水分をしっかりとる

気になるステロイドについて 内服薬ステロイド…腸溶カプセルなどで副作用の低減

外用薬ステロイド…体の部位による吸収率にかなりの差がある          皮膚の薄い部分は高吸収

参加者からの質問 Q1.薬の服用後1時間くらいでかゆみがでます

→薬で何らかの反応が出ているため、主治医に相談してください。

Q2.他病院に行き、処方された薬との関係

→腎臓、肝臓等の数値により適切な薬を処方してもらう必要があります。

 処方薬はお薬手帳に記録をとり、主治医に相談してください。

次回のおしゃべり会予定

10月24日(火) テーマなどの詳細は追ってお知らせします。みなさまのご参加をお待ちしています。

#おしゃべり会

0回の閲覧

Tsutsuji no Kai©All Rights Reserved