​スタッフ紹介

「つつじの会」の理念のもと、患者様とご家族のために活躍するスタッフを紹介します。

スタッフのメッセージをご覧ください。

スタッフz

2001年CML発症、インターフェロン、グリーベック、STI試験(ストップイマチニブ)に参加するも6ヶ月で再発、スプリセルを副作用のため中止しタシグナに変更、現在に至る、毎日明るくがモットー、岐路に立つ度何回も断捨離を試みるが、上手くいきません。

スタッフA

2013年5月のGWに下関~福井までサイクリングして帰ってきたら急性骨髄性白血病が発見された。
5月末に入院し、立川の災害医療センターで地固めをして駒込病院で12月に骨髄移植。
現在は、軽いGVHDと共存しながら生活中。80才まで生きたいと思っている今日この頃です。
日本縦断なんちゃってサイクリング記録を保持。

トイマン

120か月にわたり、多発性骨髄腫をやってきました。
せっかく骨髄腫になったのですから、私はこれを自分らしさととらえて、

ほかの人では経験できないであろう人生を、自分らしくだいじに生きようとしています。
 

バリオ.O

主にHP関係を担当しています。東日本大震災の2011年、年末にCMLを発症。翌年の夏、骨髄バンクのドナーさんから骨髄移植を受けました。
おかげ様で寛解し、現在は仕事にも復帰して毎日忙しくしております。本当に感謝です。
GVHDの影響が手足に少し残っていて、趣味のサイクリングやギターはお休み中です。
今はもっぱら、パソコンのDAWを駆使してDTM(Desk Top Music)にまい進しています。

moon
仕事の都合により、゛おしゃべり会゛中心に参加してます。参加者の笑顔と会話に毎回心温かくなる患者家族です。

スタッフS

2002年AML発症。兄弟間で骨髄移植。ただ今スタッフ休業中!

M's kitchen

2013年2月、MDSからFLT3-ITDの遺伝子異常のあるAMLを発症。
助かる道は移植のみと言われるも、決心するまでには長い時間がかかりました。
骨髄バンクを介して8月に移植。
少々のGVHDが出たものの、現在は薬も飲まず元気に生活しています。
「命には限りがある」ことを知った今、病気前より積極的に生きています。
いつの日かドナーさんに逢えたらいいなと思っています。
 

スタッフN
2002年ALL発症、兄弟間での骨髄移植を受ける。腎臓にGVHDが出るも寛解、10年ほど薬なし。
ゴスペル、ジムにチャレンジ中!!

タイチーチェンマスター
2002の夏にAMLを発症。2003年の春までに5回の抗がん剤治療で寛解。
2016年の秋に致死性不整脈による心肺停止で倒れるも通りがかりの看護士によりAEDを受け助けられる。SーICD(ペースメーカーの一種)を入れて今に至る。
AML寛解時に慢性心不全に罹患していたが因果関係は不明。
健常者の40%の心臓で太極拳とゴルフが趣味。
お酒も大好きです。

D.S

2014年7月に群馬でAML発症。縁あって駒込病院に転院。
骨髄バンクを介して翌春に骨髄移植。
2016年4月から職場復帰して仕事をさせて貰ってます。
薬は殆ど終了し、働ける、何でも食べられる幸せに感謝。
目下の悩みは、歯が弱って歯医治療が増えてることです。
 

Tsutsuji no Kai©All Rights Reserved